新着情報

2015-10-27 22:48:00
itSMF.JPG

11/30-12/1に行われますitSMF主催「itSMF Japan カンファレンス/EXPO」にて、弊社代表の塩田が「BABOK V3とIT組織の変革へのビジネスアナリシスの適用」というテーマで講演をいたします。

 

http://conf.itsmf-japan.org/program/expo.html#F1-4

 

IIBA(International Intitute of Buiness Analysis)が提供しているビジネスアナリシスの業界標準である最新版のBABOK(Business Analysis Body Of Knowledge) Version3が何が変わったのかを解説し、IT組織の変革においてビジネスアナリシスをどう位置付けるのかをご説明いたします。

EXPOのご参加は無料です。是非お気軽に足をお運びください。

 

2015-10-23 21:00:00

千葉工業大学にて開催されました「PM学会 ものづくりR&Dプロジェクトマネジメント研究会」にて、弊社代表の塩田が「ビジネスアナリシスとR&D」というテーマで、演させていただきました。

ビジネス戦略、ビジネスアーキテクチャとビジネスアナリシスを体系的にとらえ、その運営体制をどのように組織の中に実現していくかについて、お話ししました。

その後の議論もおおいに盛り上がり、大変気づきの多い会となりました。

ビジネスアナリシスが商品開発への活用においても非常に有効であることを改めて実感いたしました。

 

PM学会 ものづくりR&Dプロジェクトマネジメント研究会

https://www.spm-hq.jp/committee/kenkyu/?id=27

2015-10-21 21:00:00
スライド1.PNG

10/21に弊社代表の塩田が代表理事を務めるIasa日本支部のアニュアルカンファレンスが行われました。

当日は代表挨拶をさせていただきましたが、多くの方にご参加いただきましたことを、ここで改めまして御礼申し上げます。

 

Iasa日本支部は2年ほど前に活動を開始し、エンタープライズアーキテクチャの重要性、ならびに特にそこで働くアーキテクトのスキル育成の重要性について訴えてまいりました。

活動のひとつといたしまして、Iasaがとりまとめたアーキテクトのスキルセット標準である「ITABoK」という知識体系をご紹介するセミナーを開催しております。 

2015-10-20 21:00:00
BABOK.JPG

JUAS(日本情報システム・ユーザ協会)様において、ビジネスアナリシスのトレーニング講座を担当させていただきました。

https://juasseminar.jp/seminars/view/4115169

以下、コースの概略です。要求開発全体と重要ポイントを学びたい方が対象のものです。


プロジェクトが大きく失敗する原因としては、ほとんどのケースがどう作るかではなく、何を作るのかという要求開発の問題に起因します。この問題に対処するために要求開発業界標準であるBABOK*が作られましたが、それが非常に有効なフレームワークであるにもかかわらず、それをどう適用していくかで悩む方も多いようです。

これは、BABOKがBOKと名乗っている通り、様々コンテキスト(固有の環境や状況)に汎用的に適用・応用できる知識の体系を目指していることから、特定のコンテキストに依存する作業の具体的な手順や詳細な適用方法は、意図的に含めていないことにあります。特定の状況や技術環境において活用できる手法や方法論はより具体的な記述を含んでいますが、それを獲得しても、環境や技術が時代と共に変わることによって、適用できなくなります。つまり、知識としての賞味期限が短いと言えます。

様々な環境においても常に安定的に成果を発揮し続けることができる人材は、必ず普遍化した知識を体系的に身につけており、それを特定の状況の現場に適用できる力を持っています。知らずになんとなくうまくいっているという状況は、本来あるべき全体を正しく理解した上で、特定の環境にあるプロジェクトに対し、そこから必要な事項を選択的に応用して実行することとは、全く異なっていることなのです。
本セミナーでは、プロジェクトを成功させるために、普遍的な知識としてのBABOKに基づき、その体系的知識における位置づけを理解しながら、プロジェクトライフサイクルの中における最も重要な要求開発と要求マネジメントの局面における実務実行のヒントを、講義と演習を通したディスカッションにより身につけていきます。
この研修により、俯瞰的な“要求”に対する視野を身に着け、その中で最もプロジェクトに対するリスクになりやすい項目について重点的に学習することで、すぐにプロジェクトの現場で活用できるプロジェクトの企画や要件定義等を成功させるヒントを身につけることができます。 ※Business Analysis Body Of Knowledge

 

1