新着情報

2015-07-15 21:00:00

弊社代表の塩田が、大手製造業様の社内セミナーにて、ビジネスアナリシスとプロジェクトマネジメントの動向に関する講演をさせていただきました。

 

プログラムマネジメントがカバーするプロジェクトマネジメントに不足しがちなのは、主にビジネスベネフィットのマネジメントとマルチなプロジェクトマネジメント・ガバナンスですが、特に前者はビジネスアナリシスの手法と重なるところがああります。こららのスキルを身につけることは企業活動において非常に重要であるという点をお話ししました。

 

弊社ではこうした講演やミニワークショップ、また専門スキルを獲得するための本格的なトレーニングまで、企業様のニーズに合わせたプログラムを数多くご提供して参りました。中でも有資格者の認定講師によるオーダーメイドの講演・プログラムは大変ご好評をいただいております。詳しくはどうぞお気軽にお問い合わせ下さい。

 

2015-07-12 21:00:00

2015年のPMIフォーラムにおいて、「提案型IT人材: “ビジネスPMO”が切り拓く新たな付加価値 ~プロジェクトマネジメント×アーキテクチャ×ビジネスアナリシス = ビジネスPMO~」というタイトルで、弊社代表の塩田が講演を行いました。

以下、PMI紹介サイトからの引用になります。

 

https://www.pmi-japanforum.org/pmij2/forum-2015/track_d.html 

 

IT投資がビジネス戦略に十分貢献していないと評価する経営者が少なくないことは、ITに責任を持つ組織にとって重大な問題です。

PMBOKの成功の評価軸はあくまでQCDであり、それだけではビジネス的な成果を常に求める経営者の期待に十分に応えられない可能性があります。また、プロジェクトマネジメントは非常に有力なフレームワークですが、ビジネスの課題をどう解決するかそのものについて、正面から語ってはくれていません。例えば、ビジネス課題を解決するための要求を定義するために、PMBOKは500ページ近い著作の中で「要求を収集する」タスクについて、わずか8ページしか割いていません。また、改革施策や製品・サービス施策のポートフォリオを抽出するには、事業やITのアーキテクチャをどう変えるかがその中核作業になりますが、このアーキテクチャの検討にはほとんど触れられていません。

 

業務横串や、全く新規のビジネスや業務オペレーションに挑戦するような大きな改革プロジェクトにおいて、その企画段階においては様々なビジネスやITソリューションのオプションから、トレードオフを考え、最適なソリューション方針を企画していかなければなりません。このチェンジリーダは多くの場合プロジェクトマネジメントのプロフェッショナルではなく、このリーダを支える参謀としてのビジネスPMOが大きな企画推進上のキーマンの役割を果たす成功のパターンが見られます。プロジェクトマネジメント経験の弱いビジネスリーダや開発導入を得意とする開発プロジェクトマネジャーが不足しているスキルを埋め、ビジネス価値創出をリードしていくのです。

 

こうしたビジネスPMOの役割をどのように組織に実装し、そこで活躍する人材はどのようなスキルが求められるのかを、実例を交えながらご紹介しました。

 

 

2015-07-08 21:00:00

7/11-12の日程にて、大手製造業様においてプログラムマネジメントの研修を担当させていただきました。

 

QCDを中心に管理するプロジェクトマネジメントの手法だけでは、プロジェクトの本当の成功、つまり実現したいビジネス価値の実現を担保することはできません。

これからのプロジェクトマネジャーはプログラムマネジメントのスキルを身につける必要があり、その傾向は日に日に強くなってきていると感じます。

 

弊社では、PMIのPgMP(Program Management Professional)資格の保有者(日本ではまだ数名)が、講師を担当しトレーニングプログラムを実施しております。

PMI認定のプログラムマネジメント専門家が直接ご提供するプログラムマネジメントのトレーニング講座は、日本では現在弊社のみです。

 

プログラムマネジメント能力の強化でお悩みの企業様からご相談をいただき、まずは具体的な状況をよくお聞きした上で、ニーズに合ったオリジナルのプログラムをご提案させていただいております。詳しくはどうぞお気軽にご相談下さい。

 

1